惜しめどもとまらぬ春もあるものを
いはぬにきたる夏衣かな

惜しめどもとまらぬ春もあるものをいはぬにきたる夏衣かな

素性法師 – 新古今和歌集 176

 

行かないでくれと惜しんでも留まってはくれない春があり、来てくれと言いもしないのにやってくる夏がある。しょうがなく衣替えをした。

※「(夏が)来る」と「(夏の衣を)着たる」が掛けられている。

窓近き竹の葉すさぶ風の音に
いとどみじかきうたたねの夢

窓近き竹の葉すさぶ風の音にいとどみじかきうたたねの夢

式子内親王 – 新古今和歌集256

 

窓辺の竹の葉を揺らす風の音で目が覚めた。夏の夜に、ひときわ短いうたた寝の夢だった。

※李白「風の竹に生る夜窓の間に伏せり」(白氏文集、和漢朗詠集151)を本説とする。

Top